使い方 種類

アイポッドは世界中に売れまくっている、アップル社が販売している
携帯型のデジタル音楽プレイヤーです。

アイポッドという名称で売り出され、あっという間に音楽プレイヤーと
して、世界を席巻しました。

アップル社から販売されているアイポッドの種類は第五世代、
アイポッド ナノ、アイポッド シャッフルの3種類になります。

アイポッドの使い方は実に豊富で、音楽ばかりかゲームまで出来るという
優れものなのです。

アイポッドは手のひらにはいるほどコンパクトで、デザインも白とか
黒を基調にしたとてもシンプルなものです。

アイポッドに使用されている部品は日本製が多く、その性能の良さが
うかがえますよね。

アイポッドは独特の検索システムを持っており、「アーティスト」
「アルバム」「ジャンル」などで検索できる階層があります。

アイポッドの競合製品としては、クリエイティブメディア社のZENや
ソニーのウオークマンといったところでしょうか。

アイポッドの性能と特に似ているのはZENでしょうね。

アイポッドがこれほどまでに爆発的に売れたのは、MP3やWAV、
AAC/MAA、AAC/M4P、AIFFなど、実に多くの再生ソフトに
対応していたからでしょう。

アイポッドは音楽再生機能ばかりでなく、簡易なPDA機能をもそなえて
いるというから驚きです。しかも価格がリーズナブルだったことも売れ行
きをよくした原因でしょう。

アイポッドは世代が進む毎にその性能が急激に進化していきました。

アイポッドのすごいところは、音楽を再生するばかりでなく、ゲームも
出来るんですね。これは音楽プレイヤーとしては全く考えられなかった
発想です。

アイポッドの世代毎に1つから3つのゲームが搭載されています。

アイポッドの使い方としては、初代アイポッドはマッキントッシュでしか
使えませんでした。

第二世代になってWindowsが使えるようになったんですね。